2021.05.20 の日記:消費してくれ


以下ネタバレと感想を含む。

感想を文章として書くと興醒めで陳腐な感じが出るのであまり書きたくないけど、人の感想を読むのは楽しくていつもやっているから今回は僕が書く側にまわろうかな。消費してください。
















昨日の日記の最後に紹介したマンガと同じ作者のマンガ。

昨日のマンガを読んだのと同じタイミングでこちらも読んでいたけど、昨日のマンガのほうが圧倒的に好みだったので昨日はそちらを紹介した。

こちらのマンガは自分の中では内容の咀嚼がだいたいできているつもりだったので、今日はTwitterなどで人々の感想をいろいろ見ていたけど、感想が人によって全然違っていてわりとかなり本気で驚いて、かつ自分の思慮の浅さにショックを受けた。めちゃくちゃざっくり書くと僕は先天的な消費者としての葛藤が描かれている作品だと思ってどちらかというと主人公側の立場に立って考えていたけど、人によってはやすお側 (あるいは神視点) に立って主人公がはちゃめちゃな自己正当化をしているクズ人間だと解釈していた。まあ客観的に見れば葛藤もはちゃめちゃな自己正当化も同じもので、どの立場に立つかという主観的な見方がこの違いを生んでいる (作品を正しく読み取れているかという話ではなくて、読者それぞれの人生に照らし合わせたときの感想に違いがあるという話)。暴力はまあ論外ではあるんだけど、主人公の葛藤と似たような種類の消費者としての葛藤が僕にも多少はあるので、自己正当化する主人公をクズと言い切る人 (結構いた) をちょっと怖いと思った (主人公をクズと言い切る人、自己肯定感強すぎない?)。あえて感想をまとめて何か言うとしたら、何かを一方的に消費する立場として生きることの残酷さにせめて自覚的に生きていきたい、という感じか。

作品は作品のまま読んで単体で咀嚼するほうが良いと思っていて、作品を自分に照らし合わせて人生にとって有益な何かを得るという考えがあまり好きではないけど書いていたらそんな感じになってしまった。嫌~な感じ。

暴力描写とディストピア描写は効果的だけど、弱い関連しかない社会問題を無限に想起させてしまってミスリーディングだなあと思ったり。特にディストピア的な作品には何も考えずに「ディストピア!」って言う人が大量に現れるのでディストピアという言葉が広まっているのは害が多い。その辺も考えて描いているだろうけど。

あと暴力表現が僕が思っていたよりもタブー視されているっぽっくて驚き。

星新一みたいな話だ、と言っている人をかなりの数見たけど、それは違くない?

感謝の気持ちを忘れないようにしよう、と言っている人もいたけどそれも違くない?

すんなり納得できる感想があまり見当たらない。

僕の感想も違くない?とか言われるポテンシャルが……?



この人の感想が僕の解釈にかなり近い。

人の感想を引用して軽率に僕の解釈に近いって言うの、言葉にする労力を軽視しているようで抵抗感がある。あと自分の知らんところで勝手に引用されて好きなように言われるのもアレだ。今まさにやっている。


なんか感想書くのにめちゃくちゃ時間かかってしまった。こんなことをしている場合ではないのに。

感想文、基本的に書いたらそれでおしまいなので嫌すぎる。書き忘れたこととか誤解を招く表現とかが残るの嫌だな。感想は口頭で言いたい。