2021.06.03 の日記:時間軸はどこですか? 見つけにくいものですか?

「僕、ここに眠る」で日記の更新が止まってしまっていた。2週間ずっと寝てた。1回長期間サボるとサボることに抵抗がなくなる。それでもまた日記を始めるのはそういう欲求があるからで、Twitterにも書けないし人にも言えないことを書き留める場所があると嬉しい楽しい。普段の日記に書くようなことを直接人に話すとしたらたぶん人を選ぶ。たぶんそれで選ばれなかった人もまた対称的に僕に対して同じことを思っているのだろうが。まあ大学はそういうことを楽しく話せる人が比較的多いのでいいよね。僕が今の場所に居続けるのはそういう理由も大きい。

===

f:id:a15151595:20210704161135p:plain


いつもの、ツイート数の変化。第四紀の気候変動やってる界隈の作法で。

「第四紀 気候変動」で画像検索すると (同位体をプロキシとした) 気温の時間変化を表すグラフが出てくるけれど、そのいくつかは時間軸が左向きにとってある。(プロキシ、数年前までずっとプロシキだと思っていた。ピロシキのせい)。

f:id:a15151595:20210704173516j:plain
第四紀 気候変動


上の検索結果でも見えているだけで8つのグラフが時間軸が左向きになっている。

f:id:a15151595:20210704174223j:plain
氷期-間氷期の環境変動に対する地球の応答の仕組みを解明 ~地球温暖化による氷床減少がもたらす影響予測への新たな知見~ | Research at Kobe より


例えばこれ。なんとなく見たら知ってる研究室の知ってる人の研究だった。世界が狭い。同期みんな頑張ってるなあ~……。まあ冷静に考えてみんなではないが。僕は頑張らずに生きていきたい。


上下で考えてみると、地質年代を表にすると時間軸は必ず上向きである。これはまあたぶん疑いようもなく (まあたぶん疑いようもなく?) 地層が上に堆積する様子に影響されている。しかし、これはかなり例外的で、例えば史学や考古学の分野で作られる同じような図は僕が確認した限り全て時間軸が下向きである。「土器 変遷」で画像検索するとわかる。

f:id:a15151595:20210704172922j:plain
土器 変遷

f:id:a15151595:20210704182647j:plain
愛知県埋蔵文化財センター 調査報告書 より


例えばこれ。違和感がすごい。


時間を空間的に表現するやり方 (すなわち時間軸の方向) は言語に影響されるらしく、例えば英語のような左から右に読む言語の話者は時間も同じ向きに表され、アラビア語のような右から左に読む言語の話者はその向きに時間を表現する (後述)。縦書きを左に続けて書いたり漫画も左向きに描いたりと、日本も本来は左向きだったのが、横書きに関しては欧米の言語と併記する場合に困難があるので右向きに統一しようとする動きがあって戦後に完全に統一されたらしい。

一方で欧文の縦書きに関しては、縦書きと横書き - Wikipedia に面白いことが書いてあって、

文字の向きを変えずに1文字ずつ縦に配置する。これは「#歴史的経緯」で日本語の右横書きについて述べたのと同様、「1文字ずつの横書き」とみなせる。横方向は左から右が原則なので、改行する時は右行に行く。立看板や柱などに書くときに見られる。

らしい。文字を倒さない場合は縦書きで右に改行していく。知らなかった。へ~。


時間の向きと言語を書く向きが一致するのは自明っぽいけど、ちゃんと認知心理学的な研究が存在していて、

とかがあるらしい (読んでないけど)。こういう研究、手法のデザインがめちゃくちゃ大変そう。楽しそうでもあるけど。

ヘブライ語は普通は右から左に書くのでヘブライ語話者は時間も左に進むと感じる傾向があるらしいけど、数字だけは逆向きに書くらしく、それに影響されて時間軸の向きの傾向が他の言語 (例えばアラビア語) より弱いらしい。それなら日本語話者についてはどうなのかなと思って調べたらちゃんと研究されていた。

1本目の論文のタイトルのセンスがヤバすぎるのは置いといて (僕は好きです)、日本語話者は時間は左から過去へ流れると感じるらしい。100年前の日本人を調べられたらまた違った結果が出て面白いんだろうな。
2本目の論文は読みやすそうなのでイントロだけでもオススメです (読んでないけど)。

~語話者って書いてきたけど、正確に言うなら日本語読者/書者 (書者?) だな。文字列として言語を認識していなければこれまでの議論ができないはずなので。


とりあえず時間の流れが言語の方向に影響されることは確からしい。それを考えると地質学や古生物学以外で時間の流れが下向きなのはかなり道理である。上向きに読み書きする言語は存在しない (たぶん) ので。

一方で時間を上に向きにする地質学/古生物学は異端と言ってもいい。しかし、

こういう文献 (読んでない) があり、時間軸の認識には柔軟性があって、新たな時間軸方向の導入は容易らしい。地層というわかりやすく時間を表す指標があることに影響され上向きの時間軸を獲得したことは、異端ではあるものの極めて合理的である。

じゃあ第四紀の気候変動のグラフはなぜ時間軸が左向き?


他参考 (読んでない)

===

更新していなかったけど、なんやかんやで1週間分くらい日記のストックがあるのでとりあえずしばらくは連続更新ができるぞ。やったね。